伊藤明という、最高にイカシた太鼓叩きが本日天国へと旅立ちました。突然の事で、しかも本人の意思とは関係のない事故で、突然、明は旅立ちました。愛する奥さんと小さな娘を残して、旅立ちました。まだ実感がわかない、というのが正直な気持ちです。


俺が繋がってる皆さん、そしてアキラを知らない皆さんにお知らせします。人懐っこくて、一緒にバカやれる奴で、でっかい体に大きな優しさを収め、一度スティックを握ると、周りの人間の魂を揺さぶるようなドラムを鳴り響かせました。出会ってどれくらいだろう、もう覚えていない。それくらい長い付き合いで、裏表のない素敵な男。アキラの事。


初めてアキラのドラムを聞いた時に、とんでもねえ衝撃を受けたのを覚えています。体の芯から揺さぶられるような音。フラジールが2度目のツアーが落ちつき、他の音楽挑戦したくなった俺は、一番最初にアキラに相談しました。するとアキラは速攻で返事をくれました。「いいね!ヤロウぜ!」嬉しかった。レコーディングの帰り、俺とアキラとヒロコでカレーを食べに行った時、争うように大盛りを食い漁ったりした事が昨日の事みたい。あんまり美味しくなかったな、あのカレー。でも、腹が捩れるくらい笑った。また一緒に演りたかった。当たり前のように叶う夢だと思ってたよ。


1383134_311593555650337_1461412974_n


奥さんの愛ちゃんは、たまにデリカシーのない発言をするアキラを、冷めた目で眺めていて、その2人を見て周りが笑ってしまう。いちゃつく事なく、でも寄り添い合って。見てるだけで周りに幸せを振りまく夫婦で。音楽が心から大事にしていた夫婦で。結婚式をライブハウスで行い、ステージ上で愛の誓いを交わすのを見た時、不覚にも泣いたのを覚えています。あれからまだ10年しか経っていない。カッコいい事しやがる2人だなあと、心から思いました。


アキラを知っている俺の周りの皆さん、アキラの事を忘れんでください。そんな事言わなくてもあの笑顔と凄まじいグルーブを忘れるわけないよな。心配するなアキラ、愛ちゃんとあきなちゃんの事はお前が作った繋がりが、俺含めみんなで助けてくれるはずだから。2人が幸せになるように、これからも近くにいてくれよ。


アキラとまた下ネタでわちゃわちゃしてえよ。一緒にカレー食いてえよ。たくさんの思い出を本当にありがとう。あの笑顔も、体が震えるようなバスドラの音も、ずっと忘れません。愛してるよアキラ。