CCC4316A-1116-4ED5-95F7-B03218F992B2


俺さ、昭和生まれなんだけどさ、青春時代は平成だったわけで。

昭和から平成に変わる時、まだ小学生だった俺は、時代への思い入れもないまま、新時代を迎えた。今回は違う、思春期、青春時代、大人の階段を駆け抜けた30余年、思い入れもある。

熊本で生まれ、とてもスパイシーな少年時代を過ごした。あの当時のわんぱく少年たちも今では大の仲良し。おっさんになっても終わることがない友情ってやつだ。

S__9453650


1997年、東京に上京してからは圧倒的な孤独に襲われた。寂しくて一人泣いたりもした。そのうち黒井将臣という男と会い、東京でファミリーを作ろうと話し合った。あの出会いがなければ恐らく、今頃地元にいただろう。そして紆余曲折のち、フラジールというバンドと出会った。琴の家に生まれたが、音楽を自分の糧に考えたことはなかった。今は違う、5人で奏でる音楽が何よりも生き甲斐になった。

そして、俺のようなクズにも嫁が来てくれた。もはや一人では生きていけん、俺のような男と結婚するとは、あいつも相当根性の座った女だ。幸せってのは何なのか、はじめて形を見た。愛想はねえが誰よりも優しい、そんな女を嫁に出来た。いえーい。

時代は令和へ。

何も変わらないかもしれない、もしくは劇的に変わるかもしれない。そりゃあわからん。だが、人として面白い男であろうとは思うのだ。音楽でも、歌詞でも、物語でも。俺が面白くないなら面白くなるはずがない。だからこれからも世間の斜め上を生きていこうと思います。

平成よ、心から楽しかった。二度と訪れない時間に愛を込めて。
2019.04.30

D8947E8A-52F9-4472-A1E5-B2ECA56DE222