今年の盆は思い切り読書に耽っておりました

unnamed


フラジールもライブの合間に制作を進めておりましたが、
いよいよラ年リリースに向けてターボかかった感じ。

こういうモードになってくると、音楽を聴くのではなく、
ワタシは異常に本を読みたくなります。

物語そのものが曲に反映されるわけではないんだけど、
カッコいいなあと思う人の才能を垣間見て、刺激をもらいたいのです。

それがワタシにとっては活字です。すげえ!というものに
触れて、自分の脳みそを変えたいのです。
今回のチョイスもばっちり、刺激をモリモリいただきました。
犯人に次ぐ2の下巻は明日読むけど。

物語を作れる人がこの世で一番俺は尊敬するのです。
て事で準備オッケー、皆が喜ぶイカした曲作ります。