滞在三日目ともなると、さすがに慣れてきましたオーストラリア。


とにかくとても過ごしやすいんですね、気候もさることながら何しろ人がいい。みんな優しい。親日家、とは聞いていたけれどここまでとは思わんかったな。見習わないといかんですな。


さて、三日目はというと、夕方にジョンとバーティが日本人向けのパーティをやってくれるという事で、そこでアコースティックライブをやることになりました。それまではブリスベンの街を観光。


でけえ!!


そもそも国土が日本の何十倍も広いため、そりゃそうだって話になりますが、果てしなくビル群が続いております。水上バスで色んなポイントへ移動。船酔いしました、俺船には乗れないな・・。


S__10797082


S__10797085

旅に来ると浮かれるのがワタシと松井。オーストラリアバックを片手に街を闊歩。田舎者丸出し?そんなの知るか、となるわけです。ハシャがないと損でしょやっぱり。後日見ると赤面するんですけど。

S__10797091

うーんクソだせえ。

大規模のトランジェスターのデモに遭遇。ジョンも何かしらのお手伝いをしているとのことでお邪魔しました。デモの規模がすげえ。軽く1000人越えしてたな。マイノリティの数も単純に多く、ここまでの人が動けば色んな事が変わるんだろうなと思った次第であります。

S__10797089

さて、夕方になりジョン主催の日本人パーティへ。ここではフラジールのアコースティックライブのほかに、居合のデモンストレーション、着物講座からバーティのお琴演奏まで日本づくしでした。


S__10797109


S__10797095


S__10797093


S__10797097

日本からオーストラリアへ来られて独立して仕事されてる方、また現地でこよなく日本という国を愛してくれている方々との出会いはフラジールにとってとてもうれしい出来事であり、刺激にもなりました。単純に日本人として誇りに思うよね、ましては琴の家に生まれた自分としてはとても感慨深いものがあります。


うちらも精魂込めて演奏させていただきました。アコースティックだから余計に何をうたっているのか気になってくれたらしく、いろいろと聞かれましたが伝わったかしら?ちなみにここでも音源は?Tシャツは?と聞いてもらい「ないっす・・」と答え続けるつらい時間がありました、本当次回はなんとしても持っていくぞ!


さて、このタイミングで触れなければならない事があります。今回、楠流ジョリ派の楠正省先生が現地で書道を披露するという不思議な流れとなり、また、これが飛ぶように売れました。

S__10797100


名前を漢字で書く、という単純なものでしたが、強気の1枚5ドルだぜ?俺の名前を書いてくれ!から息子、娘の名前を書いてくれ!など様々な要求にジョリ先生は答えていきます。猫背をこじらせてる楠先生がこの時だけは背筋を伸ばすもんだから後ろで俺たちは爆笑。

S__10797099

ちょっとここでは書けない額を都合5回のライブでゲット。今回の旅がリッチすぎることになります。ていうか物価高いのにお酒から何からみんなご馳走してくれるから金を全く使わない。ありがとうオーストラリア!

最後は出演者で一枚。居合の先生がもはやドルフラングレンにしか見えねえ。。


S__10797102

素敵な出会いを経験した後は、最後にみんなでショーの勉強もかけてドラッグクイーンのバーへ。ちょうど当日ショーがあるとのことで楽しみに向かいました。到着早々、ワタシと松井がトイレでロックオンされたり、ジョリに長時間ずっとねっ視線を浴びせる男性がいたりとドキドキが止まらないなかショーがスタート。


S__10797106

最前席での鑑賞にワタシドキドキ、ザッツエンターテインメント!

S__35406046

S__35406047


いやーすばらしい。特に一番売れっ子さんのダンスが神がかっており、とても勉強になりましたよ。自分の世界観をやりきる勇気!ちなみにジョリはこのタイミングでもずっとマッチョマンに熱視線受け中。

最後はその売れっ子さんを捕まえ、「ちょっ、日本から来たからしゃしんとってーや」とズカズカとほかの客を押しのけ撮影。俺184センチ、多分この人190センチ。そしてジョリのエガをひきつってるみたいな。


S__10797107


海外のエンターテインメントを見ると本当に刺激になります。笑顔を絶やさんのだよね、ニヤツいているのではなく笑顔。こういうところは変な客も多いから野次もガンガン飛ぶけどお構いなし。知るか!黙って見ろや!て感じ。かっこいいぜ。また来たいです。


さて、こんな感じで三日目は終わりです。という事は僕らのライブもここで終わりになります。合計5ステージ。日本よりも長い40分ステージ。まあでも経験だけは積んでいるフラジールさんはどのような状況でも自分たちのパッケージを見せることに成功したのではないでしょうか?もっとこうしたいああしたいというのはあるけどね。初見でこれだけ受け入れられたのはブッチャケ日本でもないです。次回への宿題にしようと思いますよ。


さて、次回はいよいよラスト、4,5日目をまとめてお届けします。旅の総括なんかをお楽しみに。フラジール、はっきりいってパワーアップしました。ご期待ください。成長が止まらねえ!