寿来 タクロヲ的歌謡徒然 -3rdシーズン-

誰が呼んだか、壊れ物の挽歌。
歌謡ロックBAND「frAgile」
率いますはワタクシ、ウシジマタクロヲと発します。

10周年記念特別シリーズ「大東京ノスタルジア祭」出演者紹介②「dot item」&「WRECKIN' ZOMBIE」

さあ!7/29に行われるフラジール10周年記念イベントの出演者紹介第二弾をお届けします。

10th_A


出演者紹介第一弾はこちら↓ 
「ゆーの」&「sabaku∞bakuhatu」
http://fragile.blog.jp/archives/17082062.html

今回は「WRECKIN' ZOMBIE」と「dot item」の2組をご紹介。まずはこちら!

o060004501359616275888


「WRECKIN' ZOMBIE」は熊本が誇るサイコビリーバンド。フラジールを熊本のイベントに呼んでくれたり、またこちらのイベントにも出演してくれたりとマブダチなバンドなのです。サウンドもステージングもアグレッシブでありながらどこかキャッチーなんですよね。漢気あふれた連中で、俺らツアーバンドの事をすごく考えてくれるナイスガイでもあります。どっしりでいて軽快なリズム隊にメロディックなギターとキーボード、そして攻撃的かつシニカルなVo.京介の唄。

5a917a0f


レッキンの世界観、ホラーであってシニカルであって、どこか斜め上から世界を見ているというか、とにかくコンセプトとサウンドがしっかりしています。熊本という特殊な地でお客さんをノセるってとても難しいと思うんですよね。県民性というか。でもレッキンはお構いなしでバンバン盛り上げてますからね。熊本だろうが名古屋だろうが東京だろうがどんなステージでもTHIS IS WRECKIN'なステージを魅せてくれると思います。サイコビリーは初見!な人や、ちょっと怖い!とお思いの方もばっちり楽しめるよ!満を持して東京へ呼ばせていただきました。都会もんをギャフンと言わせてほしいです。




続いては「dot item」の紹介を。

o0800055712967740159

同じ釜の飯を食った仲間、といいますか、昔同じレーベルだったんですね。まあ2組とも元気な子たちだったので浮き気味だった事もあり意気投合。まだあの頃は20代だった気がするぜ・・。イケイケのdot itemが突然解散したのは3年前。びっくりしたのを覚えています。ショックだったなあ。今回フラジール10周年イベントを一夜限りの復活の場所に選んでくれました。マジ貴重ですこのライブ。


問答無用な高い演奏力。ライブ見るたびにうまいなーすげえなーと思うんですね。見た目がガラ悪いから練習びっちりしてるように見えないところがズルいよね。gとbとdrの音があれだけの大音量でクッキリ聴こえるっていうのがすごい。ギター2本だぜ?そしてK.Oの歌唱力。同じボーカリストとして嫉妬すら覚える歌をうたいやがりますこの人。溢れてくる自信と説得力、そしてあの見た目なもんだからお客さんはのめりこんじゃうわけですね。数年ぶりであろうと、一夜限りであろうと、中途半端なものを奴らが魅せるはずないんですよね。皆さん、3年ぶりのdot itemを思い切り浴びてください。



という事で、今回も2バンドを紹介しました。楽しみでしょ?次回は「麒麟」と「MAGUMI」さんのご紹介をさせていただきます。楽しみだなー。お客さんで行きてえなあ・・。

チケットご予約はこちら→:http://fragile-web.net/contact.html

-----------------------------------------------

■■2017年7月29日(土)

[GARRET udagawa]
「大東京ノスタルジア祭」

開場/開演 17:30 / 18:00 
チケット ¥2500/ ¥3000(D代¥500)

■出演

フラジール
麒麟
dotitem
ユーノ
WRECKIN' ZOMBIE
sabaku∞bakuhatsu

DJ:MAGUMI(LA-PPISCH&Magumi & The Breathless)

-----------------------------------------------

10周年記念特別シリーズ「大東京ノスタルジア祭」出演者紹介①「ゆーの」&「sabaku∞bakuhatu」

さて、7/29に行われる10周年記念イベント「大東京ノスタルジア祭」。

10th_A


おかげさまでいい感じでご予約いただいております、ありがとう!そこで今回出演してもらえるバンドを全3回にわけてご紹介しますよ。所縁のある強力なメンツが出てくれます。ありがたいですねえ。フラジールも負けてらんねえ!よろしくお願いします。


それではまず、「sabaku∞bakuhatu」よりご紹介。

o0800053313653557340


デジタルとラウドの融合、そしてVJを使った映像などこだわりが非常に強いバンドで、メロもすごくキャッチーなんですね。あと横浜のシーンを盛り上げるべく、様々なジャンルのアーティストを横浜へ招聘しイベントを行っています。横浜という土地独特の文化、USのカルチャー色が強く、あえて言わせてもらうなら「トランスロック」ではないかと。攻撃的かつ踊らせる、デジタルであってちゃんとバンドサウンドも鳴らしてる技術派集団です。


そしてVo、Gの盛人くん、Drのテラオくんは横浜7thAvenueのスタッフさんでもあり、フラジールはバンドとしてもライブハウスとしてもガッチリお世話になっております。マジいつもありがとう!




そして「ゆーの」。

prof1

結成当時からの、いやもっと古いお付き合いですね。ライブを見た方はわかると思うのですが、とんでもないエネルギーを放つバンドでして。新タイトルリリース、そしてレコ発を控えているこのタイミングなのに出演してくれるその心意気、マジでうれしい限りです。


3人とも容赦ないステージをかまします、理屈じゃねえ凄みっていうんですか?貴方のあらゆるストレスをぶっ飛ばしてくれるんじゃないでしょうか。 今回は様々なお客さんが来場すると思いますが、初ゆーのの方、心してかかってください、ハートをわし掴みされると思いますので。そしてリリース直後なのでそのまんま物販に走ってCDを購入するのがベストだぜ。ちなみに俺が一番尊敬する女性ボーカリストです。すげえぞマジで。



という事は今回は2バンド紹介しました。次回は「WRECKIN' ZOMBIE」と「dot item」を紹介します。ご期待くださいませ。

チケットご予約はこちら→:http://fragile-web.net/contact.html

-----------------------------------------------

■■2017年7月29日(土)

[GARRET udagawa]
「大東京ノスタルジア祭」

開場/開演 17:30 / 18:00 
チケット ¥2500/ ¥3000(D代¥500)

■出演

フラジール
麒麟
dotitem
ユーノ
WRECKIN' ZOMBIE
sabaku∞bakuhatsu

DJ:MAGUMI(LA-PPISCH&Magumi & The Breathless)

-----------------------------------------------

【f】いよいよリリースツアー後半戦!追加日程発表です。

さて、6月も終わりいよいよ7月へと入るわけですが、すでに発表している10周年記念イベント以外は7月はライブはございません。これ一本に集中させていただきます。

その後の話、8月からの日程はこちら!

ツアーフライヤー


8/5(土)静岡Sunash
 /麒麟
8/6(日)滋賀BARI-HARI
 /麒麟
8/26(土)栄MUJIKA
 /麒麟/The Loaded Sound Bullets
9/8(金)Lismore Tatts Hotel (Australia)
 /Bertie Page Clinic
9/9(土) (day)Goodna Royal Mail Hotel (Australia)
 /Bertie Page Clinic
9/9(土) (night)Brisbane New Globe Theatre (Australia)
 /Bertie Page Clinic
10/14(土)足利大使館
 /麒麟
10/20(金)新宿club SCIENCE
 /プロシコウ
10/28(土)宜野湾HUMAN STAGE
 /麒麟/ mirai★kanai
10/29(日)コザおとらく
 /麒麟/ natchy/ 上海ソリッド

さて、まずは8月!夏真っ盛りの8月は静岡~滋賀~名古屋と西へ麒麟と共に旅に出ます。8/26の名古屋、栄MUJICAでは名古屋のマサ兄さん率いるThe Loaded Sound Bullets主催イベントに呼んでいただきました。名古屋の地、強力な助っ人が手助けてしてくれることに感謝です。マサさん、ありがとうございます!世話になりっぱなしですみません! 


そして9月、フラジールはオーストラリアデビューさせていただくことになりました、押忍!オージーのマブダチ、Bertie Page Clinicと共に広大なる大地でオルタナ歌謡をかき鳴らしてまいります。フラジールとバーティが揃うとワルノリが過ぎてしまうので、日本の恥をさらさないように気を付けます。中国、西安以来の海外公演、ジャパニーズ人情っつうものをオーストラリアの皆さんにも伝えてきますぜ!


そしてそして10月。栃木~新宿~沖縄2連戦ともはや西か東かわかんねえ!!麒麟と共に旅します。10/20にはプロシコウのイベントに呼んでいただきました、初クラブサイエンス!ダイスケくんありがとう!沖縄ではマブダチのチエちゃんのバンド、mirai★kanaiと歌姫にして俺たちの妹natchy上海ソリッドとの共演。楽しみすぎるだろ?10月の沖縄、容赦なく温いんだろうなあ。気合いいれてバシッと行きます。みんなに会いに行くぜ!


最後に、じゃあツアーファイナルはいつになるんだよ?てなるでしょ?慌てるなって。11月の日程発表してないじゃない。近日発表します。「極楽蝶ハ東ヘ飛ンダ」というツアータイトルですよ?9人の侍はどこに着地するのか、発表をお待ちください。麒麟と一緒にライブをやるたびに、刺激を受け成長しているフラジール、喜んでいただけると思います。


という事で、実はまだお誘いしてもらって詳細を発表できていないイベントがいくつかありますので、解禁になったら即皆さんにお伝えします。各イベントもその月になったら詳しく詳細伝えますね。さて、今年は麒麟の兄弟たちと共に駆け抜けます。楽しんでいこうぜ!





日々徒然758 9人の侍は西へ飛んだ。(フラジール×麒麟ツアーin九州)

さて、ダブルレコ発ツアーも九州編。麒麟がついに九州初上陸!福岡〜宮崎〜熊本と旅をしてまいりました。ツアーの醍醐味といえばやはりそこは「出会い」でございます。ご当地バンドとの出会い、新たなお客さんとの出会い、人との新しい出会いがあるからこそ、音を届けに私どもはツアーしているわけでして。


福岡ではお店の方との出会いがありました。たまたま打ち上げで立ち寄ったら名店じゃありませんか!「ぜんざい」さん。お店の人とすっかり仲良くなってしまいました。

timeline_20170624_025602



宮崎では、泣き虫パンチを筆頭に、のさんず、レリアと飛ぶ鳥を落とす勢いの若手バンドがお出迎え。ステージはもちろん、打ち上げも含め最高の夜を過ごしました。宮崎の皆さん、久しぶりだったのに温かく迎えてくれて本当にありがとう!そして泣き虫パンチの榎本の兄貴、玉井の兄貴、ケンタの兄貴、あなたたちの音楽が心にしみる年ごろになりました。もっと精進して皆に近づきます!

19420472_1524469397595051_8392266251853279882_n


19429895_1524469830928341_2852300841782527241_n


19400132_920696168073403_5615236659039390814_n


19397107_920696171406736_232828745478428795_n


19400063_1412985655447561_238182094016134362_n


19429876_1524469587595032_3384861983381936348_n



そして熊本。地元でありフラジールを大事にしてくている土地。SEAZOCK、WRECKING ZOMBIEという最高な地元バンドとロックな流れ旅最終日を満喫したわけであります。1バンド目からばっちりお客さん来てくれてね、ロックなステージで麒麟につないでくれるその心意気。レッキンのVo.京介が言ってくれた「せっかくツアーできてくれてるんだから、俺らがつなげます!」という言葉、おじさん泣きそうになりました。そして麒麟、熊本の皆さんやっぱり食いつきました。そりゃあそうだろう、あんなにかっこいいセクシースターはそんなにいねえもん。そしてフラジール、いかがでしたでしょうか?熊本だからできるステージをやってみました。声も3日目でガラっていたけど、魂込めて歌いました。届いたなら幸いでございます。

19248085_921367681339585_5518416734616284937_n


19424021_921367678006252_1545522125989122563_n


S__8601616


19420908_1526205397421451_47261063340245036_n


福岡は力不足で集客できずでしたが、宮崎、熊本はたくさんのお客さんに楽しんでもらいました。少しづつだけど、熊本以外でも盛り上がりが作れれば嬉しいね、がんばります。


そして熊本最終日の夜、打ち上げはもちろん友人の店、【いやさか】。九州初上陸の為、フルコースの一級馬刺しで迎えてもらいました。

S__8601622


S__8601620


33365


S__33456137


S__33456136



美女とぼんくらと美味しい料理に囲まれながら気が付けば朝。3日目ともなると全員ボロボロ。
でもせっかく熊本に来てんだから!という事で、宮本武蔵先生が最後に過ごした土地、霊龕堂へ8人の侍は向かいました。(孫六は討ち死に。行方知れず)

S__8601627


S__8601630


S__8601629


S__8601632



そうさ俺たちゃ旅鴉。土地土地で出会う温かい皆さんのご好意に感謝しつつ、俺たちも爪痕を残すのさ。あっという間の九州3日間。また麒麟と来るよ九州、楽しみにしていてください。最後に一番嬉しかった事は、俺の熊本の親友と麒麟の4人がマブダチになった事だ。マサシくんの言葉を借りると「2秒でマブ!」そういう事さ。

S__33456139


S__33456138



日々徒然757 ほんだ婆やんと僕

「ほんだ婆やん」とは?


俺が小さい頃、近所にあった駄菓子屋の名前である。もちろん正式名称ではない。というか正式名称を知らない。何故故に「ほんだ婆やん」という名前になったのかも定かではない。婆やんの名字がほんだなのか?または本田商店なのか?全く覚えていない。
 
 
その「ほんだ婆やん」の店主、まあとにかく常に機嫌が悪い。

S__33226785



駄菓子を購入しに来た子供たちには常にキレ気味で接しており、MAX状態の時に店に行ってしまうとお菓子を選ぶ余裕もないくらいのプレッシャーを与えてくる。近所の子供たちは手に汗握りながら通ったものだ。


そんな婆やんが一度だけ優しくしてくれた事があった。あれは小学校低学年の時、俺はつい出来心で親の財布から1000円盗み、「ほんだ婆やん」の店先に置いてあったガチャガチャを回しまくった。周りの友達からは羨望の眼差し、すっげえぜタクちゃん!金持ち!みたいな。俺も得意げになってガチャガチャ無双をしていたらそこに母ちゃんが参上。顔面はもう鬼モード。しまった・・盗んだ時に財布開けっ放しだった・・。
 
 
逃げようとしたがすでに遅し。「アンタ!泥棒したでしょうが!」とみんなの前で怒鳴られ、襟首つかまれての往復ビンタ!ビンタ!ビンタ!!

kunio04


ひたすら棒立ちで撃たれ続ける俺、まるでサンドバックのように揺れ続ける俺。涙で前がボヤけながら「つい出来心なの母ちゃん・・」と口に出せないくらいのラッシュにダウン間近。


その時!


「まぁまぁ、許してやりなさい」と天の声。涙をぬぐって声をしたほうを向くと、そこにはいつもと違う優しい婆やんが立っていた。いつもの般若面とは打って変わって仏の顔。


「ば、婆やん・・」


「もう行きな、こんな事しちゃいかんよ・・。」


「あ、あ、ありがとう・・・婆やん!」


俺は購入したガチャポンをバラまきながら逃げ出した。「待ちなさい!」という母ちゃんの声を無視し、友達と一緒にひたすら逃げ出したのさ。ありがとう婆やん、本当にありがとう。 
 

もちろん、帰宅後は再度めちゃくちゃ怒られたのだが、母ちゃんもだいぶん鎮静化していたので謝り倒して許してもらった。泥棒はいかんぞ皆!
 

後日、婆やんのお店に行くと、その事には触れずに相変わらずの般若面。後にも先にも優しい顔を見たのはその一回だけだった。そして時は立ち、俺たちも大人になり駄菓子を買うことはなくなった。そしていつの間にか店は無くなっていた。


今思うと優しい婆ちゃんだったのかしら?と美化してしまうが、思い出してみるとやっぱり恐ろしいわ。今会っても怖いだろうな・・。そんな時代を先取りしたツンデレ婆さんの駄菓子屋「ほんだ婆やん」は確かに存在したのである。
 



frAgile 2nd Album 「裏切り挽歌」はこちらから!
  • ライブドアブログ