寿来 タクロヲ的歌謡徒然 -3rdシーズン-

誰が呼んだか、壊れ物の挽歌。
歌謡ロックBAND「frAgile」
率いますはワタクシ、ウシジマタクロヲと発します。

【f】フラジール今昔物語④「立志編~裏切り挽歌」

さて、10年を振り返る企画第4弾。いよいよ最近となってまいりました。4年ぶり2枚目のアルバム「裏切り挽歌」の話を今回はしていこうと思います。とその前に、この3回で「アレ忘れてるぞ!」「コレ忘れてるぞ!」と色んな方にご指摘いただきましたが、違う、忘れてるんじゃない、全部は書けないのだよ、すまん。まあ、忘れてる部分もあるけど・・。

frAgileアー写2015


て、気を取り直しまして、このタイミングでベーシストは松井一に。この松井という男、実はフラジールとはかなり長い付き合いで、もっと言うならば俺よりもフラジールと付き合いの長い男です。フラジールはその昔、とある音楽専門学校にてその前身バンドが結成されたのですが、その専門学校で一緒だったわけですね。元々ギタ-ボーカルで自分のバンドを持っていた男、楽器を置いて数年シャバで真っ当な社会人みたいな顔していたので、この世界に引きずり戻しました。俺ナイス判断だったぜ。
 

さて、この2ndアルバム、裏切り挽歌について少しお話を。


frAgile「裏切り挽歌」ジャケット

前回のアルバムでは自分たちの思春期を彩ったビートロックに特化し、この裏切り挽歌では歌謡の部分に特化したアルバムとなっております。リリースするにあたり販売店とのやり取りの中で、前作よりも歌謡の部分の濃さに関し話し合ったりして、どこまで歌謡な部分に寄せるか、というのが焦点となりました。結果はまあ、思い切り寄せに入ったのですが、そこはフラジール、うまい具合に前作との融合はできたかなと思った次第です。

前項で触れた「ふしだらスパイダー」と「銀河夜光」はもちろん収録、アルバムのリード曲「裏切り挽歌」は僕らにとって“仕掛けた”作品となっており、アルバムの顔であるこの曲がダメな人はきっとアルバムは買ってもらえなかったでしょう。今でもライブでは1,2曲目を飾る今のフラジールのイメージを彩ってくれている「歌謡ロック」な仕上がりとなっております。

裏切り挽歌より茨城の名店「門蔵商店」様に全面協力いただいた衣装、そして撮影場所のスタジオもカドクラ様に協力いただいております。またPVでは店主、江口氏の弟で、今はTVCMや雑誌で活躍されている江口雅也さん、ミカさんにご協力いただきました。ドラマ仕立ての怪しい雰囲気、僕の大好きな実相寺昭雄先生の真似をさせていただきました。



その他「俺たちのサマーゲーム」など1960年代後半~1970年代初頭を彩ったGSの匂いを醸し出した作品となります。このサマーゲームは小さいころ父親が聞いていた加山雄三さんへのオマージュ作品でもあるわけですね。PVを見た周りの方々から羨ましいとたくさん声をいただきました。幸せな撮影だったぜまったくもって。



そしてリリースといえばツアーがお決まりのパターンでございまして、もちろん今回も全国津々浦々とライブさせていただきました。何度もツアーをやっていくと、ごひいきにしてもらえる土地も増えてきて、おのずとその土地での繋がりも出来てまいります。これぞ旅の醍醐味ですな。5人での旅は楽しいものでもありハードなものでもあり、普通に生きていては味わえない旅の一座の苦労というやつでしょうか。ちなみに初めて東京以外でのワンマンも2か所やりました、地元熊本と沖縄。課題も残るワンマンでしたが、嬉しいですね単純にその機会に恵まれるのは。もっといろんな場所でワンマンでやりたいね、やっぱり曲多くやりたいもん。

0611


ツアーファイナルは前回ワンマンをやらせていただいた渋谷clubasiaで敢行。もはやフラジールのホームとなりつつあるclubasia、やりやすさと雰囲気、そして広めの会場にも関わらず見やすい客席、とお客さんからは一番喜んでもらえる箱ですね。この日もドッカン盛り上がりました本当ありがとうございます。楽しかったなぁ。ツアーが長ければ長いほどツアーファイナルを迎える日の寂し去ったらありません。もう終わるのかよ・・。となってしまうわけですな。


13434191_614086955421217_900694514_n


13451141_614087012087878_1794087259_n


IMG_7769

IMG_7771

そしてツアーファイナルをもって、北海道からギター一本持って上京してきた北の狼、小坂一宏が卒業。来た頃はぴちぴちの若者、卒業するころは見事に老けてたな。上京してすぐに過酷なツアー三昧だったからそれも仕方ないか。ていうかみんな老けたもんな。。最後のステージで最高の気合の演奏を見せてくれました。

この裏切り挽歌、アルバムのコンセプトはもちろんの事、新フラジールのイメージを植え付けるのに重要なアルバムとなりました。4年ぶりというのもあるし、メンバーも変わったというのもある。でも何より何が重要かというと、覚悟がのった初めてのアルバム、といいますか、ようは振り切れたって奴ですね、これはバンドの問題でもありますが、やはり流行りすたりやその時の自分の状況などによって表現というのはぶれてしまうものですが、このアルバム作成に関しては一貫して自分たちの色を出すことに専念できたアルバムだと思います。これが3rdアルバムへとつながっていくのですな、ナイスなタイミングでの立志、だったと思います。

さてさて、いよいよ次回は最終回、円熟編をお届けします。まだまだ円熟とは程遠いですがあえて使います。ここがゴールという意味ではなく、この場所で円熟したい、ってことです。わかりにくいか?まあ読んでみておくんなまし。

では、最終編のアップをお楽しみに!

【f】フラジール今昔物語③「変革編~ふしだらスパイダーから銀河夜光まで」

純情編、奮闘編と続いている10周年を振り返ろうキャンペーン。今回は現在の形を完全に形成した変革時期について書こうと思います。


1stアルバムリリース後、更なる進化を遂げるため、かねてより知り合いだったKeyの川田寛子(ex.異星人解体)がこのタイミングで加入。前からどうしてもピアノの音が欲しかった俺、やるなら寛子とじゃないと、という事で得意の説得によりフラジール加入が決定。ちなみに僕と寛子さんは初対面でうまくいかず、しばらく口をきかなかった過去があります。


そしてVo.G.Ba.Key.Drの5人体制になったフラジール、現在の形が出来上がったわけですね。

アー写2

5人になり最初の作品、いくつか候補が出ていましたが、最初だからこそみんなで歌える曲がいいね!という事で僕の知り合いで赤坂に存在した伝説の女「ナオミ」をモチーフにした曲を作り上げました。その名も「ふしだらスパイダー」

ジャケ写

ナオミパイセンはリアルで存在しております。憎んでも憎み切れないいい女、それがナオミ。サビで今みんなが歌っていてくれるナオミは、今も生きております。はい。

やっぱりみんなで合唱、デカい声を出せる曲が僕は好きで、リリースした当初はふざけてるとか言われたもんですが、なんの、結構売れてくれました。今ではライブでのここ一番で使わせてもらっています。いやーステージ上から男も女もナオッミー!と叫んでいる姿を見ますと感無量といいますか、馬鹿だなあと思うというか、とにかく素敵な空間が出来上がるんですよね。実は僕なりのザ・スパイダースへのオマージュでもあるわけですこの曲。



5人ともなってくるともう機材車もパンパンでね、全国周りながらもっとデカい車買おうぜ!とよくみんあで話していました。まあ結局今も同じ車に乗ってみんあでブーブーいってるわけですけども。ちなみおにこのタイミングでレーベルも株式へ、名前もノスタルジアレコードからNostalgia & Darwinfinch Entertainmentへと変革。裏方の話なのですが拡大できたのは嬉しいですね、お付き合いいただける会社も増えたし。こんな好き勝手やっている僕らなのに本当に感謝しております。

リリース後の全国ツアーで再度歌舞伎町ニュージャパンでワンマンファイナルも行いました。実はもうニュージャパン使えなくなったんですよね、残念。復活したらまたぜひライブやりたいね。

_IGP0075

_IGP0290

写真 (3)


そして、ふしだらツアーの後、再度フラジールは制作に入ります。のちに代表曲になる「銀河夜光」。


frAgile銀河夜光-CD表ジャケット

この時期愛する祖母と祖父が他界、素敵な祖母だったので、何かこの世に生きていた証みたいなものを孫の僕が残せればなあとずっと考えており、MCでよく喋りますが二人の70年来の愛の終わりの次の舞台を繋ぐ、そんな曲になったと思います。

この曲は色んな方々に本当に愛されています。結婚式で使っていただいたり、TVで流していただいたり、ラジオでも流していただいたので思ったより浸透しまして、気が付けば代表曲となりました。

また、大変お世話になったプロレスラーでシンガーソングライターのハヤブサさんが大変気に入って下さり、この曲をいつも聞いていてくれて、一緒にいるときも不意に流してくれたりでとても恥ずかしいやら嬉しいやらだった思い出があります。

銀河の中、夜行列車が走るかの如きイメージを大事にして、尚且つみんなが歌ってもらえるようバンドはいつも演奏しています。一緒に列車に乗ってもらってる感じになってくれてればうれしいです。



銀河夜光リリースツアーでは初の渋谷clubasiaでのワンマン!

1617654_630243393721635_7853326341789087786_o


正直大丈夫かなあと心配していましたが蓋を開けてみれば大成功。ステージ上からの景色は最高なものでしたよ。銀河夜光をみんなが歌っているのを見るともうね、泣きそうになった。おっさんなのに。

15442857957_fca336eb94_o

15442729828_51ba0848f8_o

604088_656697034450389_5801721181537672975_n

10402697_771402722901726_4698685981750392762_n


ちなみに銀河夜光、全国どこでやっても終演後、必ず「おじいちゃんとおばあちゃん」の曲よかったです!と話してもらえます。この曲が入っているCDください、と今でもよく言われます。他の作品もいいからそっちも買ってね笑

5人体制になってから色んな山あり谷ありな時期も過ごしましたが、この2タイトルはバンドにとってとても大事な作品となりました。初見の人にも、ファンの方々にも納得してもらえるような2曲を作り上げることができて本当に良かった。

このタイミングでフラジールの屋台骨を背負っていてくれたBaの黒井が卒業。最高のタイミングで山口百恵の如くベースを置いていきました。

さあ、いよいよ次の章「立志編」にて松井一が登場します。現在のフラジールの体制になりつつあるこのタイミングで仕掛けるのは2枚目のアルバム「裏切り挽歌」です。歌謡に振り切ったフラジールの実験でもあったこの作品。詳しく説明していきましょうかね。それでは次回もお楽しみに!

【f】フラジール今昔物語②「奮闘編~21th Century Urban Beat Rock」

さて、前回はワールドワイドダンスホールまでをおさらいしました。今回は記念すべき1st Album発売から代表曲、銀河夜光発売までのお話を。と思いましたが、とても長くなることが分かったので、全3回ではなく、全5回に分けようと思います。もったいぶってるわけじゃねえぞ?10年を3回で分けるには俺が直木賞作家か芥川賞作家じゃないと無理だ。すまん!


さて、シングル2枚の全国流通版で波に乗ったフラジール一同は満を持して1st ALBUM【21th Century Urban Beat Rock】をリリースします。ギターに小坂一宏が加入。北海道からギター担いで上京してきました。

A2ポスター21thpart2

バンドをやる以上、やっぱりフルアルバムを作成するという事は夢でもあり、次へのステップでもあるわけなんですが、並々ならぬ気合とともにこのアルバムを作成。「浅草ツイスター」や「21th Century Urban Beat Rock」などその後のライブを盛り上げてくれる曲ももちろん収録。さらに気合を入れすぎたために3か月で約40か所の全国ツアーを慣行してしまう。いやあ、マジきつかったぜ。週5日車中泊だよ?よくやれたよなあ。。でもこの時のムチャが全国のライブハウスやお客さん、バンドとのつながりを作てくれました。北は北海道、南は沖縄だもん。



正直初めて行く土地も多く、お客さんが2人の時もあったりして、ずいぶんメンタルも鍛えられました。そしてこの旅でバンドとしての立ち位置といいますか、何を求められているか少しわかったような気がします。自分たちが想定している売り曲と、お客さんが求めている曲の違いにも気づかされたのもこの頃。フラジールに求めているものが明確にわかってくるような感覚を持ちながら一か所一か所でライブしてましたね。

そして最終地点、リリースより3か月後のツアーファイナルでは新宿の老舗のキャバレー「歌舞伎町ニュージャパン」を貸し切りワンマンショー!パンパンのお客さんの中、狂乱の盛り上がり!無事にツアーを終えることができました。この日の盛り上がりは忘れられないなあ。衣装もボロボロ、体もボロボロだったけどみんなが待っててくれた!みたいな。

IMG_0408

IMG_0436

IMG_0623

IMG_0645

IMG_0790

さて、ツアーもひと段落、と言いたかったのですが、大変うれしいお話をいただきました。中国は西安で行われる「西安国際音楽祭」に日本人として初めての出演が決定!フラジールは西安のふぇすに出演することになりました。またこの旅がなかなか過酷でね!コーディネーターの岩下さん、そして僕の中学校の同級生で今は中国で政府関係の仕事をしている平野君に大変お世話になりました。とにかく!人多い!車危ない!いろいろとカルチャーショックを受けましたがとても充実した旅となりました。

_MG_5282

DSC_1079

DSC_1155

DSC_1218

DSC_1126

DSC_1127


西安の一番大きなラジオ局で1時間ぶっ通しフラジール特番を放送してくれたりと宣伝もばっちり!当日の西安音楽祭は観客が2000人、お偉い方々がたくさん来ているとのことでフラジールもさすがにおとなしく。なるはずねえだろうが!ジャパニーズスタイルで行かせていただきましたよ、ブーイングすげえかなあと思い覚悟していましたがとても温かく迎えられ、大盛り上がり。終わった後はアイドル並みにもみくちゃにされ、ホテルは西安一のホテルを用意される、という、数日だけローリングストーンズと同じ気持ちを味わえましたよ。夢だったのかしら?あの数日。


1_120722131216_5-1


1_120722131216_6


1_120722131216_4


西安より日本に戻り、年末には渋谷の名店「NOSORG」さんでワンマンディナーショーを開催。インディーズバンドでそんな事やらんだろう、てことをやるのがフラジール。この日は店の酒が全てなくなりました。すげえ。みんな飲みすぎ。着席スタイルだったにもかかわらず、だれーも座っていない。みんな踊る踊る。そうだよねえ、座ってられないよね、わかるぜ!

VYX9G

この1st Albumがフラジールに与えてくれたものはとても巨大な財産でした。自分たちの範疇を超えるっていいますか、バンドに責任が生まれた一枚といえばいいでしょうか。意識が変わりました。今でもとても大事な一枚となっております。しかしハードな一年だったよ。4人ともめちゃくちゃ老けたもんな 笑


さて、駆け足で1stアルバムの奮闘編をお届けしましたがいかがでしたか?次回はいよいよキーボードの川田寛子が登場します、お楽しみに!

【f】フラジール今昔物語①「純情編~流星からワールドワイドダンスホールまで~」

10周年特別企画第二弾。フラジールの歴史を振り返ってみようと思うわけです。厳密にいうとこの前にヘヴィロック時期があるわけなんだけど、そこはノーカウントで今現在のスタイルになってからの歴史を振り返ろうと思う。

第一弾 純情編
第二弾 奮闘編
第三弾 円熟編

の3本立てでお届けしますのでお楽しみに。


という事で、第一弾「純情編」スタート!

流星フライヤー


自分のルーツを考え直し、某レーベルに所属し2008年リリースされた「流星」。ちなみにこのタイミングで富士孫六は加入しました。ヘヴィーなロックから「米食って育ったロック」を基調としたスタイルへと転身したフラジール。当時はあまりの変身っぷりにヘヴィーロック時代のお客さんはほぼ0に。なんせやってる場所もやってる音楽もすべて変わってしまったもので、それは仕方ないことかなと思いました。その代わり今も来てくれるお客さんの最初の方々に知ってもらえたのもこの辺になります。

上京して約10年、その当時の自分の甘さ、親への感謝をうたったこの曲、何か映像はないかなと探してみたところありました。懐かしい!ORGA ENTERTAINMENTさんありがとう☆




流星リリース後、ライブをひたすらこなし、新たな道筋を見つけたfrAgile。前レーベルを離れこのタイミングで自主レーベルを立ち上げることに。当時のことを思い出すと右も左もわからないままよくやったなあと思います。俺、ズブの素人だったもんねこの業界。とにかく自分たちの好きにやりたかったんです。まあこの選択がイバラの道を突き進みながら生きていくことになったんだけど。でもこの選択に間違いなかったなと最近すごく思います。何故なら本当に好き勝手長い間やれているからなんですね。もちろん周りの方々のサポートあってのことなんだけどね。

モンシロフライヤー



レーベル第一弾として発売したのが今も残るフラジールの「モンシロ蝶ハ東ヘ飛ンダ」。長く愛されているモンシロ、当時は俺自身がそこまでこの曲のクオリティに納得しておらず、なぜみんなはこんなにこの曲を好きでいてくれるんだろう?と不思議に思っていました。今はわかるんですけどね、この曲いいですよね笑 

この曲で初めてフラジールはツアーを行いました。一番遠くて栃木県宇都宮だったかな。流通には乗っておらず、手売りでの販売となりましたが、おかげ様でたくさんの方々に買っていただき次への道が見える事になります。



さて、モンシロでお金がたまったフラジール、いよいよ全国リリースへ打って出る事となります。タイトルは「ラヴイズ」

ラヴイズフライヤー


この曲もいまだに好きでいてくれる方がいて、ライブでたまにやるときの盛り上がりが素晴らしくとても嬉しいです。流星、モンシロと経過して行く中でフラジールのサウンドの定着、ビートロックを元にした日本語ロックの道を示せた1曲だと思います。チャートインもし初の全国ツアーも行った記念すべきタイトル。この頃から俺は「愛だろやっぱり病」にかかることになります。今聞くといい意味でまだまだ小僧だなと思う歌詞なのですが、最近歌うとあのころの気持ちを忘れてはいかんな、と心のフンドシを締めなおしています。清涼飲料水の宣伝に使えない?いまだに思うんだけどなあ。ツアーファイナルは大盛り上がりでしたな!




初の全国ツアーを経験し、酸いも甘いも食らいながら成長を続けるフラジール、全国リリース第二弾タイトルを作ります。その名も「ワールドワイドダンスホール」

WWDHジャケ

この曲で初めてすこし【歌謡】な部分を出すことができたかなと。当時は自分のルーツである歌謡な部分の表現方法に迷いがあり、そのまんま歌謡曲をマネしなければ無理だ!という固定観念に苛まれていた時期でした。まだ振り切る勇気がなかったんですな。ラヴイズを出せて自分の中でビートロックに自信を持てたのもデカいと思うんだけど、ワールドワイドダンスホールでは振り付けを導入し「目指せジュリー!」な感じでライブに挑んでいた思い出があります。フラジールの今のスキルでこの曲を皆さんの前で披露出来たら、きっとすごいと思いますよ。前よりもっとダンサブルになると思います。ちなみに歌のキーがとても高く、レコーディングの際とても苦労しました。  
 



駆け出しから全国流通、そしてフラジールの進む道が見えたこの時期、知り合ったバンドたちはほとんど解散してしまいましたが、それでも深い付き合いをしています。純粋に純情まっしぐらに右も左もわからないまま進んでいたこの時期、もしかしたら一番楽しかったのかもしれないなと思います。今が楽しくないっていってるんじゃねえぞ?物事はわからない頃のほうが刺激があるって話。フラジールのテーマである【歌謡】。こちらを真似事ではなく自分たちのスタイルへ、という道を歩き出した純情編、いかがでしたでしょうか?


次回は初のロングツアーを慣行した「奮闘編」をお届けします。いよいよファーストアルバムの発売ですね、お楽しみに!

10周年記念特別シリーズ「大東京ノスタルジア祭」出演者紹介③「麒麟」&「MAGUMI」先輩

さあ!いよいよ第三弾!10周年記念イベントの出演者の紹介もラストになります。


10th_A

出演者紹介第1弾↓ 
「ゆーの」&「sabaku∞bakuhatu」
http://fragile.blog.jp/archives/17082062.html

出演者紹介第2弾
「dot item」&「WRECKIN' ZOMBIE」
http://fragile.blog.jp/archives/17098757.html

今回は「麒麟」&「MAGUMI」先輩をご紹介。いくぜ!

kilin_a_sya

もはや戦友を超え家族のような存在。スタイリッシュロックンロールの雄「麒麟」。今回はWリリースツアーて事で、西へ東へ一緒に旅をしています。今更ながらですが、麒麟の凄みをいうのは、あれだけの高いクオリティの楽曲をライブで披露できる、の一言に尽きます。いや、音源とライブが違うバンドなんて多々あるわけですよ。特に歌に関してはそれが顕著に出るんですけど。麒麟の場合は音源よりも臨場感が出ている中あの盛り上げるパフォーマンス。いかに日頃自分たちを追及しているかがわかるステージング。その揺るがない4人の音楽という名の結束に、俺も一緒にライブをやる度にすごく影響を受けています。 
 
もう付き合いは古いです。個人的にもバンド的にもここまで心を許して一緒に入れるバンドは麒麟だけになってしまいました。人に見せるとは、そして聴かせるとは何か?麒麟はそれを知っていて、ファンはソコにしびれるわけです。いや、4人とも本当に家族みたいなもんで、今回の旅でまたお互いの結束が深まっています。だからってなれ合いにはならんのだよ。常に緊張感あるもんね、ダセえ事できないもん。こんなにカッコいい奴らはいないんじゃないかな。心底惚れてます麒麟に。カッコいいってこういう事だぜ?10周年に豪華な華を添えてくれます。



さて、最後はスペシャルゲストとしてMAGUMI先輩がイベント一日をご機嫌な日にしてくれます。

lROP3yav_400x400 (1)

言わずと知れたKING OF SKA「LA-PPISCH」のボーカリストにして「Magumi & The Breathless」のボーカリストですね、DJとしても有名で、ていうか俺が説明するだけ無駄なのでやめておきます。中学校の先輩なんですね、熊本の。大変可愛がっていただいており、俺が迷ったりするときはガッツリ怒ってもらえる東京に兄貴です。僕はこの人に依存をしてしまうのが怖くて、最近はバンドではご一緒せず、フラジール磨きにのめりこんでおりました。今回の10周年も僕の中ではバンドで、というより1アーティストとしてフラジールを見てもらいたく、DJという形でお願いしたわけです。


カッコいいんすよ本当に。ステージの上はもちろんですけど、プライベートでも。後輩の面倒見やミュージシャンとしての姿勢、酒の飲み方まで本当に今も現在進行形で学んでます。そうそう、そういえばMAGUMIさんから言われたことで嬉しかったことに一つに、タクロヲの連れてくるバンドはいいバンドが多いね、という一言でした。光栄だし今回もそう言ってくれるでしょう。自信ありますもんメンツ。10周年イベントというメモリアルな一日に体を開けてくれた漢気に感謝するとともに、先輩の口から素晴らしかった!と言わせられるような一日にしたいですね。




という事で、3回に分けてお届けしてきました10周年記念イベント出演者。いかがでしたか?本当に素敵なメンツです。俺が電話したらみんな2秒で出演を決めてくれました。どいつもこいつも最高だよ!素敵な一日します。アニバーサリーですからね、ここで終わりではありませんが、一度フラジールの歴史を締めるくらいの勢いで挑みます、皆様、何卒ご来場のほどよろしくお願いいたします。目にもの見せてやるぜ。ヨッシャッ!

チケットご予約はこちら→:http://fragile-web.net/contact.html

-----------------------------------------------

■■2017年7月29日(土)

[GARRET udagawa]
「大東京ノスタルジア祭」

開場/開演 17:30 / 18:00 
チケット ¥2500/ ¥3000(D代¥500)

■出演

フラジール
麒麟
dotitem
ユーノ
WRECKIN' ZOMBIE
sabaku∞bakuhatsu

DJ:MAGUMI(LA-PPISCH&Magumi & The Breathless)

-----------------------------------------------


frAgile 2nd Album 「裏切り挽歌」はこちらから!
  • ライブドアブログ