寿来 タクロヲ的歌謡徒然 -3rdシーズン-

誰が呼んだか、壊れ物の挽歌。
歌謡ロックBAND「frAgile」
率いますはワタクシ、ウシジマタクロヲと発します。

日々徒然789 おセンチツアーファイナル

ツアーファイナル。
突っ走ってきたから、やっと終わる!
と共に、とんでもなく寂しい気持ちになる。


明日のツアーファイナルには、北は北海道、南は福岡、
関西圏や北関東からもお客さんが来てくれる。


ラストダンスには相応しい出演者も
集まってくれました。


名古屋の雄、本当にお世話になってるバレッツ。
ロックの雄、ビンビのマブダチのウルマ。
心からの盟友、昨年から一年ぶりの共演する麒麟。
復活、永遠に走り続ける極熱バンド、ビンビールズ。
 

「牡丹の花」にボーンズで参加してくれた作家の道尾秀介さん、
PV「真相奇譚」でオリエンタルに踊ってくれたHeqnaさん。
かなり豪華な顔ぶれになりました。
 

全国で応援してくれる全ての皆様、
明日、3rdアルバムにかけた情熱を全て注ぎ込み、
いったん燃え尽きます。都内でのライブはしばらくありません。

皆さまに会える事を楽しみにしております。
本当に、本当にありがたまきん。 ステージで待つ!

—————————
11/24(土)
フラジール TOUL FINAL -おかわりノスタルジア-

フラジール
麒麟
The Loaded Sound Bullets
ビンビールズ
Ulma sound junction

OPEN 16:30/START 17:00
前売り¥2500/当日¥3000(1ドリンク別

40515551_244696536248844_3854170335645532160_n

日々徒然788 Kazoku no Uta

最近バタバタとても充実してるんだ。
俺の人生の中で、恐らく2度目くらいの充実感。

274EE84C-7122-470A-8B5A-EAA34D160788


嫁をもらったり、ツアーでライブ三昧だったり、
そしてお店関係などプライベートも大充実だ。

D21286D9-18E4-45D8-8874-137ECD610549


CD80A88D-87D5-4BBF-820C-FF4B207B7CB3


九州ツアーでは、結婚祝いもしてもらった。
くたばれって言われた。俺新婚なのに。

83CB0F93-0BF1-4907-BF13-90ED14786444


羨ましいか?羨ましいだろ。
俺も今自分が羨ましい。


いや、リア充アピールじゃないんだよ。
最近20年前の、とある建築現場で初めて
前ベーシスト黒井と歌った「家族のうた」を
思い出すんだ。知り合いも金もなーんも
ない頃の話。ドン底って知ってる?ガスや電気や水道が
止められることじゃないんだよ。
圧倒的な孤独で死にたくなることなんだ。


東京生活がスタートした10~20代、暗黒の時代で、
今思い出しても良い思い出がない。
完全に空回りな10年だった。
クソみたいな人生ってやつだった。


30代。人として真っ当に生きなければと、
ひたすら頑張った。バンドも人生も。
俺の人生は30代から加速した。
ついでに大病もした。死ぬかなあと思った。


そして40代、まさにおっさん。
ガキの頃は40代と聞くと、
お爺ちゃんくらいの勢いに見えたもんだ。
でも自分がいざ足を突っ込んでみると、
悪くない。悪くないんだよこれが。


建築現場でのお昼休み、安い弁当を食いながら、
黒井と二人で青空を見て語り合ったのが、
「この街でファミリーを作ろう」だった。
あの時初めて家族のうたを唄ったわけだ。
あれから20年、気が付けば周りにたくさんの人と、
たくさんのお客さんの応援を得ていた。

4_171



武道館にはまだまだ立ててない。
世間を騒がす女優とのゴシップもまだまだだ。
でもな、悪くない。全てにおいて整ってきたと、
やっと大手を振って歩ける気がする。
大人になってやったぜ。悪くないぞ俺たちの人生。
なあブラザー。


やり残してきた事がまだまだたくさんある。
俺の青春はまだ終わらない。青春アミーゴ。
かかってこい、俺は負けん。
死にたいくらい憧れた花の都大東京だ。


と、長渕のとんぼを口ずさみながら歩いてたら、
さっき犬の糞踏んだけどな。悪くない。

日々徒然786 ロマンスカー

車。

維持するのに大変。
電車で十分。

わかる。その意見もわかる。

この発展しきったTOKYOで、
考え方によっては無用の産物。

だが、しかしだ。
だからこそだ。

浪漫。だれもが心の奥にしまった、
そう、浪漫飛行。

18、19と2年のみ乗って、上京の際に
手放したクラウンをこの大都会で
ワンモア!浪漫じゃないか。

63574DAD-B39F-4014-818C-5CB95793258D

平成7年式、ノット流線型。

浪漫ではないか。

新しい車のような便利な機能もない。
部品?トヨタそのものにもあまりない。
故障?正直怖い。

ていうか、うちの子になって即入院。
足回り、窓、塗装。まずはここから。
ナヲキいつもごめんね。
手を加えるところはまだまだある。

5ECD2203-7978-4BEF-B44F-7AD56297BA1E

それでも。

それでもだ。俺はこいつを愛してる。
いつかはクラウン。いつかっていつさ?
それは今さ。

うぉんちゅー。

日々徒然785 日本の夏、読書の夏

今年の盆は思い切り読書に耽っておりました

unnamed


フラジールもライブの合間に制作を進めておりましたが、
いよいよラ年リリースに向けてターボかかった感じ。

こういうモードになってくると、音楽を聴くのではなく、
ワタシは異常に本を読みたくなります。

物語そのものが曲に反映されるわけではないんだけど、
カッコいいなあと思う人の才能を垣間見て、刺激をもらいたいのです。

それがワタシにとっては活字です。すげえ!というものに
触れて、自分の脳みそを変えたいのです。
今回のチョイスもばっちり、刺激をモリモリいただきました。
犯人に次ぐ2の下巻は明日読むけど。

物語を作れる人がこの世で一番俺は尊敬するのです。
て事で準備オッケー、皆が喜ぶイカした曲作ります。

日々徒然784 End of the Galaxy

別れは人を強くする。と誰かが言っていた気がする。 
 
誰だったかは思い出せない。俺はそうか?と問われれば、
答えはノーだ。いつまで経っても引きずるもんだ。
何年経っても、何十年経っても忘れない。
思い出しては悲しくもなるし懐かしくもなる。 
 
匂い、場所、ふとした記憶のリンク。
結局、忘れる事は出来ないのだ。祖母は祖父が死んですぐに死んだ。
ピンピンしていたのに。祖父の元に行きたいと思ったのか、
はたまた気力が果てたのか。わからない。 
 
残されたこっちはたまったもんじゃねえが、2人が幸せなのなら、
いいんだろうきっと。俺らの事なんて気にしないで
イチャイチャしてほしい。 
 
今年も盆がやってきた。いるのか?いる気もする。
口うるさくガタガタ耳元で言われてる気もする、
この半チク、しっかりせんか!と。
まあいいよ、聞いてやるよ。 
 
銀河の果てにはまだまだ行く気はないから、
盆くらいはこっちに戻って説教たれてよ。
愛してるよじじいばばあ。




frAgile 2nd Album 「裏切り挽歌」はこちらから!
  • ライブドアブログ