寿来 タクロヲ的歌謡徒然 -3rdシーズン-

誰が呼んだか、壊れ物の挽歌。
歌謡ロックBAND「frAgile」
率いますはワタクシ、ウシジマタクロヲと発します。

日々徒然798 手軽に楽しめる喜びと、価値

1D0320E7-CD7C-4894-8B31-C8EA95139E35


昨日よりフラジール作品が各ストリーミングサービスで配信スタートされました。

Apple Music
LINE MUSIC
Spotify
AMAZON MUSIC


などなど、フラジール(frAgile)、曲のタイトルで検索可能。となっています。いやー便利な事この上ないですね。素晴らしい!とは思うものの、手放しには喜べない部分もやはり演者にはあるのです。


一昔前だと、CDの売り上げがそのままバンドの活動費になる、だったわけで、単価の高いCDが売れる事が1番だったわけですな。ツアーにでると、ライブのギャラも合わせ売り上げがそのまま交通費になったりもするわけ。


何の仕事でも対価によって継続していけると思うのですが、この国では、音楽の販売スタイルが著しく遅れて?いるわけで、他の国でフラジールがライブをやっても、みんなまずCDは買わない。でも配信は買ってくれるわけです。


でも、俺らの世代もカセットテープ→CD→MD→ダウンロードと常に媒体は変わってきたわけで、適応していかないといかんなと思うわけです。


もちろん、アナログ盤含めモノも大事にしたいのですが、やはりそこは今の時代、皆様の耳に入るスタイルもちゃんと大事にしていかないといけないな、と思うわけです。


少し裏話すると、うちは自主レーベルで、販売元は老舗ウルトラヴァイブさん。とても良心的で、全国流通や配信含め必要以上の手数料を取られず、アーティストにとても優しい会社なので、ありがたいです。ここ大事。流通から著作権、さまざまなアドバイスを担当のIKDさんがくれるので、常に動きを把握できます。このタイミングも話し合って決めた感じです。俺1人だと決めれんかったな、偏屈だし俺。


手軽にみんなの耳に届くけらこそ、クオリティの高いものをお届けしたいと思います。わけのわからん大人が仕掛けた、同じような音楽ばかり溢れていた一時期より、今の方がアーティストには絶対にいいはず。ちゃんとリスナーが選べる世の中って素敵。


フラジールも時代に融合しつつ、アナログ文化も大事にしていく所存。新しい人達に届けるのならばこれが1番という判断です。そしてライブに足を運んでくれる事が何より大事だと俺は思うのです。色んな人の耳に届くといいね♫

レコード盤作ろうかな、次のアルバム。うふふ。

日々徒然797 ロンロンタイマゴー

ロンロンタイマゴー。

自分の先祖なんて精々ひい爺さん、婆さんくらいしかわからない。家系図か何か残っているならば、もっと昔のこともわかるだろうが、会った事もない人間の事を、書類上だけで判断するのはむずかしい。ていうか、無理。

でも、父方も母方も音楽に携わっていて、自分もそうだ。奥さんの家も音楽一家。何故なのか?引き寄せられるものなのか?謎だ。


うちの父方の婆さんは、女手一つで戦後親父を育てた。お琴ひとつで大学までやった。そして俺も生きてる。何かしらの言葉では言い表せない信念みたいなものが流れている気もする。

あくまでこれはうちの話で、世界中の他の方々も様々な歴史を抱えて今があるのだろう。そう考えるとすげえ。そしてその血を絶やすのはとても罪深いような気もするのです。


ようするに、子供が欲しいって事ですね。

32C7310B-B50E-4276-A021-5D0C815EC4BA

日々徒然796 拝啓不死鳥様、そちらはどうですか?

238e2047

早いもので3年が経ちました。
そちらはどうですか?
空を舞ってますか?
歌ってますか?
お酒は相変わらずですか?
下ネタは全開でしょうか?


あれから、僕はどの程度成長できたかわかりませんが、それなりに死ぬ気で生きています。デタラメに生きていけるほどもう若くはなくなりました。


命日が近づいてくると、また最後に死ぬほど食わされたカレーちゃんこがまた食べたくなってきます。


けして人の事を悪く言わず、波乱万丈な人生と戦った貴方よりカッコいい男を今のところ僕は知りません。これからも追い求めていければと思います。


ただただ会いたいっす。

IMG_5407

日々徒然795 私の願い事は

今でも毎月少しづつ売れています、私の「チャーリー」
当時はあまりフラジールには似つかわしくない曲をやりたくて、配信限定で発売してみた。
レコ発も高円寺ミッションズで錚々たるメンバーでやりましたねー。

Vo.ウシジマタクロヲ
Gt.ジョリ、
Ba.フジモト
Key.ヒロコ
Dr.アキラ

フラジールのメンバー以外だったら、こいつらとやりたい!という思いから声をかけたんだけど、今ではそのうち二人がフラジール。ヒロコは当時からフラジールか。今なら分ける必要はないのかな。なんせ5年前の出来事。最高のメンバーと演奏できてとても勉強になった。

「AM315」




「おやすみチャーリー」


この2曲はすごく気に入ってます。ほかにも数曲寝かしてるので、いつかまたやりたいね。itunesやamazon musicで購入可能です。検索してください。いい声じゃねえか俺。

日々徒然794 Sing us a song, you're the piano man

絶賛制作中のフラジール。とは、別の話。まあ間接的には関わる話。


半年前から、ヒロコのお母さん、俺のお義母さんにピアノを習っているわけだが、これがまたとても奥が深く、そして楽しい。元々楽器の中で一番好きなのがピアノな俺は、今とても後悔している。何故子供の頃にやらなかったのか?


小学生一年の時、母ちゃんに、ピアノと習字どっちがいい?と聞かれたとき、習字!と答えた俺をぶん殴りたい。しかも字上手くなってねえし。


ピアノには、全てが詰まっている。変な話、それだけで成り立つ楽器なのだ。バンドサウンドももちろん好きだが、遠い未来、行き着く先はヨボヨボの俺が、焼酎片手に歌う姿。枯れた男に惹かれるのです。その時の準備である。


夢はビリージョエルの「ピアノマン」と、トムウェイツの「トムトラバーツブルース」を弾き語りで歌う事だ。先は長い、万里の長城よりも長い。でも必ず歌えるようになってやる。


そして、いつかステージで、ピアノを弾きながら、バンドの時みたいに、皆さんの拍手をいただきたい。フラジールのワンマンステージの、一部分で良いから。二曲は無理。


イカしたピアノマンを観ると、私は心が騒ぐのです。



CA17016F-B129-43BC-BFAB-995F2E4F1E58



frAgile 2nd Album 「裏切り挽歌」はこちらから!
  • ライブドアブログ